損をせずに投資マンションを成功させる方法

相続を意識しよう

集合住宅

評価方法が違います

投資マンションは資産を形成するものと考えている人は多いです。そして、この考え方は間違いではありません。しかしながら、資産を形成するためだけに保有していては勿体ないです。なぜならば、投資マンションは相続税対策にも利用することができるからです。一般的に、投資マンションは時価評価ではないからです。現金や有価証券を相続しようとすると、その価値は時価評価されます。現金1億円を保有していれば1億円が相続税を計算するにあたっての評価額となるのです。当たり前のことのように考えられますが、不動産となると事情が少し変わってきます。不動産の場合、その評価は購入価格ではなく、土地は路線価をベースに考えられ、建物は固定資産台帳を基礎に計算されます。

現金を使おう

これらの価額は、一般的に時価よりも低くなっています。そして投資マンションのような賃貸物件は、路線価や固定資産台帳から計算された評価額から、さらに30%程度の減額がされます。1億円を支払って購入した投資マンションが半分以下の評価額になるということは当たり前のようにあります。この評価額は相続税や贈与税を計算するためだけに求められるものなので、実際の売買には何ら影響しません。現金を大事に保有していても、相続時には多くの税金を支払うことになります。まとまった現金を保有しているようであれば、その一部で投資マンションを購入するというのは、相続対策において賢い選択肢と言えるのです。優良な投資マンションはすぐに出てくるものではないので、早めに行動しておきましょう。

不動産価値を維持しよう

男の人

マンション管理はマンションの価値を高くするためにも大切なポイントとなっており、管理が上手くいっていれば築年数が長い物件でも価値を下げずに運営することができます。そのためにも管理会社は重要な役割を果たしています。

もっと見る

賢く運用するには

セミナー

不動産投資セミナーは近年注目されている不動産への投資の足掛かりとなる知識を得るチャンスです。金融機関や不動産会社など様々な会社が主催となって開催しています。初めての方でも安心して投資できるように、無料での開催が多いのも特徴です。

もっと見る

空室のリスクに注意する

マンション

一室の購入から始められるマンション経営は、ローンが利用できる点も魅力となっており、現在では若い人にも人気となっています。しかし、空室によるリスクもあるため注意が必要となります。マンション経営を行なう際には、物件の立地などをも考えながら購入することが大切です。

もっと見る